中津川市のかやの木保育園はみんなでそだてていく保育園です

教育目標と給食
教育目標

1. 一人ひとりが主人公になれる場を大切にし、発達に即した保育を目指します。
 

2. 風、水、土、太陽など自然の中であそび、心と体を鍛え、学びの基を育てます。
 

3. 保護者と保育士が子どもを軸に、共同の子育てを目指します。
 

4. 職員の連携を大切にし、積極的に学習し、人間性、知識を高めます。
 

5. 地域とのつながりを大切にします。

教育目標

「子どもが生まれても働き続けたい」
そんな働く婦人の強い願いの中、昭和45年に共同保育所がつくられました。
共同保育所は、施設・財政面ともに大変ななか多くの人たちの力と地域の支援の中で10年間運営され、120名余の子どもたちが保育されました。
その歴史の上に立ち、市の指導を受け、地域の働く婦人・教員・保育者等たくさんの人々の支援の中、昭和55年にかやの木保育園は設立され、30年以上が経過しています。まさに、みんなの力で歩んできました。
そんな歴史の上に立ち、地域の信頼される子育てのセンター目指してあゆみをすすめていきたいと考えています。

給食について

1. 安全な食材選びに心がけます。
 

2. 素材本来の旨味をひきたたせ、味覚を育てます。
 

3. 日本人の体に合った和食メニューにし、魚、野菜中心の献立にします。
 

4. アレルギーの子には、医師の指導により、園では完全除去食を実施します。
 

5. みんなと一緒に作る楽しみ、食べる楽しみを育てるクッキング保育を実施します。
 

近年、子どもたちのアレルギーのことがよく言われております。私たちかやの木保育園はアレルギーのある子どもたちへの配慮のある手作り給食に取り組んでいます。
ただ、食べられない物を省くという簡単なことはしていません。
いくら小さい子どもであっても、他の子と違っていたら、自分だけ何か違うものを食べていたら不思議に思うはずです。

アレルギー除去食
かやの木保育園トップページへ 教育方針 園長・保育士紹介 施設紹介 園の一日 年間行事 入園に関して アクセス お問い合わせ 子どもたちの声・様子 保護者の方へ 法人組織図 決算内容